サマーウインド 1540日ぶり復活星!

2010年のJBCスプリント(JpnⅠ)、東京盃(JpnⅡ)、クラスターC(JpnⅢ)を制したサマーウインド(雑賀秀・牡10)が本日第14回第6日第3競走(C3-13)で高知初戦を迎え、JBCスプリント以来、1540日ぶりの勝利を挙げました。
単勝1.3倍の1番人気に支持されたサマーウインドは中団待機から3コーナー過ぎで岡村卓弥騎手のゴーサインに応え、内々を進出、最後は持ったままでゴール板前を駆け抜けました。
サマーウインドは父タイキシャトル(1998年ジャック・ル・マロワ賞などGⅠ5勝)、母シンウインド(1988年スワンS(GⅡ),1990年京王杯SC(GⅡ)など)という良血で、自身も2010年のJBCスプリント(JpnⅠ)を制しています。
ファイル 4733-1.jpg