サンケイスポーツ杯第2回土佐春花賞はニシノマリーナが差し切り勝ち!

 本日3月29日(土)第19回高知競馬第5日のメイン(第5R)は黒潮皐月賞の前哨戦となる第2回土佐春花賞が行われました。
 レースは4番人気クロスオーバーが前々の競馬から3コーナーでハナに立ち、押し切るかに思われましたが、2番人気ニシノマリーナが3コーナー過ぎから一気に進出、最速の上がり3F39.9秒を繰り出し快勝、重賞2勝目を挙げました。2着にはクロスオーバー、3着には後方から追い上げた9番人気のマルチドラゴンが入りました。

ニシノマリーナ(牝3・田中譲)鹿毛
父 ヨハネスブルグ
母 タイキマリーナ (母父 ボストンハーバー)
馬主 西森 鶴 氏
生産者 ニシケンフアーム
主な勝ち鞍 2013年金の鞍賞

田中譲二調教師コメント
「馬は着実に成長しているし、今後が楽しみ。状態次第になるが、黒潮皐月賞を視野に調整していきます。」

上田将司騎手コメント
「前に行っていた馬(クロスオーバー)とはだいぶ差があったので、捉えられるかわからなかったが、最後までよく脚を使ってくれました。(3歳三冠戦など)今後も頑張ります。」

NARホームページ
http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2014%2f03%2f29&k_raceNo=5&k_babaCode=31