グランディールレディスシリーズ 「ミラク特別」休養明けのティアップリバティが勝利!

本日、10月12日(土)第8回高知競馬第5日のメイン競走は、グランディールレディスシリーズ『ミラク特別』(サラブレッド系3歳以上 牝馬 1,400m)でした。
 レースは、逃げるアースグロウを2番手でティアップリバティがぴったりマーク。3コーナーすぎで、アースグロウの外からティアップリバティが楽な手応えで交わすと、後続の追い上げを許さず、2着のアースグロウに7馬身差をつける圧勝でした。ティアップリバティは、約8か月の休養明けをものともせず、力の違いをみせつけました!

優勝馬
ティアップリバティ号(牝・栗毛)打越 勇児 
父  カジノドライヴ
母  セリーヌローズ(母の父 フォーティナイナー)
馬主  松本 桂昌氏
生産者 高昭 牧場氏

赤岡 修次騎手コメント
「久々に乗ったのですが、返し馬の感じがすごい大人しかったので、落ち着いているのかなと思いました。(ティアップリバティは約8か月の休養明けで)レース前は走らせてみないとわからないなと思いました。レースでは、後ろの馬がついてこれなかったので、馬が強かったですね。これからも応援よろしくお願いします。」

☆レース結果(NARホームページ)
http://www.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2019%2f10%2f12&k_raceNo=5&k_babaCode=31