日本トーター株式会社賞 JBCクラシック指定競走 第31回珊瑚冠賞 ケイマ重賞3連勝!

 本日、9月22日(日)第8回高知競馬第1日のメイン競走は、日本トーター株式会社賞 JBCクラシック指定競走 第31回珊瑚冠賞(サラブレッド系3歳以上 1,900m)でした。
 レースは、ケイマがすんなりとハナをとり、逃げる展開になりました。道中、後続を離して逃げたケイマを最後の直線で西川敏弘騎手騎乗のウォーターマーズが内から猛追しましたが1馬身差で振り切り、ゴールしました。ケイマは高知移籍後5連勝、トレノ賞、建依別賞に続き重賞3連勝となりました!

優勝馬
ケイマ号(牡6・鹿毛)別府真司 
父  シニスターミニスター
母  アキノフライ(母の父 グランデラ)
馬主  石川 幸司氏
生産者 徳本 幸雄氏

永森大智騎手コメント
「前走から比べてさらに良くなっていたので、ここまで仕上げてくれた別府先生や関係者の皆様に感謝したいです。前半は、この馬のペースで行けたので、後半も後続に追いつかれるよりも先に行こうと思いました。(後続に足をつかわせて勝つことが出来て)ホッとしました。本場にお越しくださり応援してくれたファンの皆さんありがとうございます。この馬ももっと強くなると思うので、応援よろしくお願いします。」

☆レース結果(NARホームページ)
http://www.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2019%2f09%2f22&k_raceNo=7&k_babaCode=31