報知新聞社杯 「第2回黒潮JC」ヴァリヤンツリが差し切り勝ち!

本日11月18日(土)第11回高知競馬第3日のメイン競走は、高知デビューの2歳馬限定で行う報知新聞社杯「第2回黒潮ジュニアチャンピオンシップ」(2歳高知デビュー馬 1,400m)でした。
レースは、1番人気ネオプリンセスが逃げる展開で、好位追走から直線入り口で並びかけたヴァリヤンツリが2頭での叩きあいを制して4連勝で優勝しました。
馬主の西森鶴氏は昨年のフリビオン号に続いて2年連続、中西達也調教師は騎手で制した昨年に続いての勝利となりました。

優勝馬
ヴァリヤンツリ(牝2・中西)
父 スズカマンボ
母 ケンブリッジスター(母父ブライアンズタイム)
馬主   西森 鶴氏
生産牧場 本桐牧場

西川敏弘騎手コメント
(最後までヴァリヤンツリのしっぽがクルクルと回っていましたね)あの馬の推進力ですから。あれで大分進みます(笑)。
(押していく展開でしたね)何とかならないかという思いで乗っていました。明日(フリビオン号でダービーグランプリ(水沢競馬場)に騎乗)に向けて良い勢い付けができました。
(明日に向けての抱負を)(同期の中西調教師を)なんとか男にしたいです。頑張ります。

レース結果は
http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2017%2f11%2f18&k_raceNo=5&k_babaCode=31
(NARホームページ)