JBC協会協賛 高知・佐賀スタリオンシリーズ「トーセンジョーダン賞」ワイルドコットンが差し切り勝ち!!

本日、6月3日(日)第3回高知競馬第4日のメイン競走は、JBC協会協賛 高知・佐賀スタリオンシリーズ「トーセンジョーダン賞」(サラブレッド系4歳以上 1,600m)でした。
レースは、ヨアソビが逃げる展開で、最後方を追走したワイルドコットンは3コーナーから順位を上げていき、4コーナーでは1番人気サクラインザスカイと並んで、直線での叩きあいを制して1馬身差を付けて、見事に差し切り勝ちをあげました。
ワイルドコットンは、昨年10月のアンライバルド賞に続いての高知佐賀スタリオンシリーズ制覇となりました。

優勝馬
ワイルドコットン号(牡7・松木啓)栗毛
父   ワイルドラッシュ
母   ブライダルブーケ
(母の父 ゴールドアリュール)
馬主  中山純子 氏
生産者 下河辺牧場 

倉兼 育康騎手コメント
(質問:3コーナーからの追い上げは凄かったですね)
「基本、後ろから行く馬なので、今日は(出走)頭数も少なく、ペースも凄く速かった。また、僕に走ってくれというくらい内が開いていたので、全てが良い形で流れました。思っていた以上にいい流れでした。」

レース結果は
http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2018%2f06%2f03&k_raceNo=11&k_babaCode=31
(NARホームページ)