浦戸湾特別 スマートマウアー人気に応え快勝

本日10月30日(土)第9回高知競馬第5日のメイン競走は、浦戸湾特別(3歳以上C級以下 1,800m)でした。
人気を集めたのは、3連勝中のスマートマウアー(赤岡修次騎手)と高知転入前に距離経験のあるナムラアラシ(永森大智騎手)の2頭でした。
レースは、クラウンクラシック(倉兼育康騎手)が逃げ、好位にスマートマウアー、ナムラアラシは中団で、馬群は固まって淡々としたペースで進みました。
3コーナー過ぎでスマートマウアーが内クラウンクラシック、中メテオスウォーム(多田羅誠也騎手)の外を楽な手応えで交わして先頭に立つと、後方から追い込んできた2着ネルソンタッチ(西川敏弘騎手)に2馬身差をつけ快勝しました。

優勝馬
スマートマウアー号 (牡5 ・鹿毛) 田中 守きゅう舎
父    タートルボウル
母    ハイジトウショウ(母の父 バブルガムフェロー)
馬主   金澤賢一
生産者  静内山田牧場

赤岡修次騎手コメント
「3番手につけ、理想の位置でレースをすすめることができました。1,800mの距離が持つかどうかが心配でしたが、馬がよくがんばってくれました。ありがとうございました。」

☆レース結果
https://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2021/10/30&k_raceNo=5&k_babaCode=31