ダノングッド 第17回笠松グランプリ制す

本日11月24日(水)、笠松競馬場で行われた「第17回笠松グランプリ」(3歳以上・ダート1,400m)で、高知競馬所属のダノングッド(牡9・別府真司きゅう舎)が見事勝利しました。

レースは、先手を取ったアザワク(桑村真明騎手)、1番人気の2番手コパノフィーリング(森泰斗騎手)に続き、ダノングッド(多田羅誠也騎手)が3番手につける形でレースが進みました。最後の直線に入ると、抜け出していたコパノフィーリングを交わし、2馬身差で快勝しました。

優勝馬

ダノングッド号 (牡9 ・栗毛) 別府真司きゅう舎
父       Elusive Quality

母       マイグッドネス (母の父 Storm Cat)
馬主   組)志士十二組合
生産者             三嶋牧場

別府真司調教師のコメント

「ダノングッドは最高の状態でレースに臨めました。多田羅騎手も早い馬2頭につけていけとの当初の指示通りにレースを進めることができたのが勝因です。多田羅騎手がうまく乗ってくれました。応援ありがとうございました。」

☆レース結果
https://www.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2021%2f11%2f24&k_raceNo=10&k_babaCode=23