仙台屋桜特別 ガルボマンボ準重賞2勝目

本日4月9日(土)第1回高知競馬第1日のメイン競走は、仙台屋桜特別(3歳 1,600m)でした。

 1番人気のマリンスカイ(宮川実騎手)が好スタートを見せハナを主張し、アラバド(岡村卓弥騎手)、デーモン(佐原秀泰騎手)などが続いて先団を形成しレースは進みました。終盤、距離を詰めてきた2番人気のガルボマンボ(林謙佑騎手)が4コーナーで外からマリンスカイを交わし先頭に立つと、内を突いたヴェレノ(畑中信司騎手)が2番手に上がり最後の直線で追い比べとなりますが、ガルボマンボが1馬身差振り切り、勝利しました。

優勝馬
ガルボマンボ号 (牡3 ・芦毛) 細川忠義きゅう舎
父    ガルボ
母    クロフネマンボ(母の父 クロフネ)
馬主   神岡賢太郎

生産者  原 則夫

林謙佑騎手コメント

「ガルボマンボはゲートがちょっと難しいけど、今日はスタートがよく、いい位置を取れました。前の3頭を見ながらの競馬になりましたが、3コーナー手前で勝てるかもと思いました。やはりガルボマンボは競馬が上手で、相手が強くなっても、いい競馬ができました。これからも応援よろしくお願いします。」

☆レース結果
https://www.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2022/04/09&k_raceNo=4&k_babaCode=31