株式会社グランディール協賛 グランディールレディスシリーズ ミラク特別 パルクリール貫禄勝ち!

本日、10月17日(土)第9回高知競馬第1日のメイン競走は、「株式会社グランディール協賛 グランディールレディスシリーズ ミラク特別」(3歳以上牝馬 1,400m)でした。
1番人気に支持されたのは、7月のヴェガ特別を制したラブミーリッキー(赤岡修次騎手)、8月のミッキーロケット賞を制したパルクリール(嬉勝則騎手)は2番人気でした。
レースは、黒潮菊花賞2着馬のペイシャワイルド(郷間勇太騎手)が逃げ、スタート出遅れたパルクリールは後方から、ラブミーリッキーは2番手で進みました。
3コーナー過ぎで、逃げ粘りを図るペイシャワイルドを目掛け各馬追い込む中、大外からパルクリールが一まくりし、4コーナー過ぎで先頭にたつと、2着アースグロウに2馬身半差をつけ快勝しました。

優勝馬
パルクリール号 (牝6 ・黒鹿毛) 田中 譲二きゅう舎
父ダノンシャンティ
母コスモクラッベ(母の父 マイネルラヴ)
馬主(同)JPN技研
生産者ビッグレッドファーム

嬉勝則騎手のコメント
「やっぱり出遅れてしまって後ろからになったんですけど、道中で中団まで押し上げることが出来てよかったです。どこからでも競馬が出来る馬ですし、今日のメンバーの中では一番格上だと思ってますんで、馬に助けられて良かったです。これからも頑張りますのでよろしくお願いします」

☆レース結果
https://www.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2020%2f10%2f17&k_raceNo=5&k_babaCode=31