日刊スポーツ杯 第14回黒潮マイルチャンピオンシップはコスタアレグレが重賞初制覇!

本日、11月4日(日)第10回高知競馬第2日のメイン競走、日刊スポーツ杯「第14回黒潮マイルチャンピオンシップ」(3歳以上 1,600m)は、スタート後、コスタアレグレが抜け出し、後続を引っ張るかたちとなりました。最後の直線、迫りくるデンコウウノ、キープインタッチを突き放し、コスタアレグレが自慢のスピードで押し切り、重賞初制覇となりました。

優勝馬
コスタアレグレ号(牡8・別府真)栗毛
父 シニスターミニスター
母 コーディーライン(母父 Miswaki)
生産牧場 岡田牧場
馬主    梶原哲朗氏

倉兼育康騎手コメント
B級ではずっと勝たせてもらっていたんですが、やっとA級の重賞を勝てて本当に嬉しいです。
前回(マイルチャンピオンシップ南部杯)1,600mを始めて使わせてもらって、思った以上の良い走りをしてくれたので、今日も頑張ってくれるかなと信じて乗っていました。
基本的に行きたがる馬なので、なだめながらのレースでした。今日の馬場ではペースが速いとも思ったのですが、直線に向いたときに、まだ反応してくれたので、これは行けると感じました。

レース結果は
http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2018%2f11%2f04&k_raceNo=7&k_babaCode=31
(NARホームページ)