Google

記事一覧

DS2017 JBC協会協賛 黒潮ダービー 第45回高知優駿(ダノンシャンティ賞)フリビオンが2冠達成!

DS2017 JBC協会協賛 黒潮ダービー 第45回高知優駿(ダノンシャンティ賞)フリビオンが2冠達成!

本日6月18日(日)第4回高知競馬第4日のメイン競走は、ダービーシリーズ2017 JBC協会協賛黒潮ダービー 第45回高知優駿(ダノンシャンティ賞)(サラ系3歳 1,900m)でした。
1番人気フリビオンは、3コーナーから前に並びかけ、直線で先頭に立つと、一気に加速して、2着のバーントシェンナに5馬身の大差をつけて優勝しました。
今年からダービーシリーズ(去年までのダービーウィーク)に加わり、交流競走として他地区の馬を迎え撃つことになった高知優駿ですが、地元生え抜きのフリビオンが黒潮皐月賞に続いて2冠を達成しました。
勝利した中西達也騎手は、徳留康豊騎手(引退)を抜いて、歴代単独1位となる高知優駿6勝目となりました。

優勝馬
フリビオン号(牡3・炭田健二) 栗毛
父   フリオーソ
母    ビオンディーナ
(母の父エンドスウィープ)
馬主  西森 鶴氏
生産者 オリエント牧場

中西 達也騎手のコメント
「スタートで不利を受けたが、馬もひるまなかった。馬も距離をわかってくれていたので助かった。まだまだ大きなレースがあるので馬も成長させたい。一番怖いのは故障なので、そのあたりは續(つづき)厩務員のケアでしっかり守ってもらって、仕上げていきたい。今日のダービーは格別にうれしかった。」

レース結果(NARホームページ)
http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2017%2f06%2f18&k_raceNo=7&k_babaCode=31

塚本雄大騎手金沢競馬場での期間限定騎乗の延長について

DS2017 JBC協会協賛 黒潮ダービー 第45回高知優駿(ダノンシャンティ賞)出走馬枠順決定!

ダービーシリーズ2017 JBC協会協賛 黒潮ダービー 第45回高知優駿競走(ダノンシャンティ賞)[地方交流]出走予定馬について2

JBC協会協賛高知・佐賀スタリオンシリーズ「トーセンジョーダン賞」セトノプロミスが差し切り勝ち!!

JBC協会協賛高知・佐賀スタリオンシリーズ「トーセンジョーダン賞」セトノプロミスが差し切り勝ち!!

本日6月4日(日)第4回高知競馬第2日のメイン競走はJBC協会協賛高知・佐賀スタリオンシリーズ「トーセンジョーダン賞」(サラブレッド系4歳以上 1,600m)でした。
レースは、中段を追走した西川敏弘騎手騎乗の3番人気セトノプロミスが、ゴール前で逃げるカイロスや1番人気のイッツガナハプンとの叩き合いを制して1馬身差で勝利しました。
セトノプロミスは、重賞初制覇を飾った4月16日の「第33回二十四万石賞」に続いて準重賞の「トーセンジョーダン賞」を制覇しました。

優勝馬
セトノプロミス号(牝7・松木啓)鹿毛
父   スパイキュール
母   セトノウインド
(母の父 ジェネラス)
馬主  難波澄子 氏
生産者 滝本健二 

西川 敏弘騎手コメント
「自分の中では、もうちょっとスローになるかと思ったんですが、流れてくれてよかった。
また、何回も勝てるように頑張ります。」

レース結果は
http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2017%2f06%2f04&k_raceNo=11&k_babaCode=31
(NARホームページ)

ダービーシリーズ2017 JBC協会協賛 黒潮ダービー 第45回高知優駿競走(ダノンシャンティ賞)[地方交流]出走予定馬について

JBC協会協賛高知佐賀スタリオンシリーズ トーセンジョーダン賞出走馬枠順決定!

雑賀正光調教師 地方競馬通算勝利数 日本記録更新!

ページ移動