Google

記事一覧

報知新聞社杯 「第2回黒潮JC」ヴァリヤンツリが差し切り勝ち!

本日11月18日(土)第11回高知競馬第3日のメイン競走は、高知デビューの2歳馬限定で行う報知新聞社杯「第2回黒潮ジュニアチャンピオンシップ」(2歳高知デビュー馬 1,400m)でした。
レースは、1番人気ネオプリンセスが逃げる展開で、好位追走から直線入り口で並びかけたヴァリヤンツリが2頭での叩きあいを制して4連勝で優勝しました。
馬主の西森鶴氏は昨年のフリビオン号に続いて2年連続、中西達也調教師は騎手で制した昨年に続いての勝利となりました。

優勝馬
ヴァリヤンツリ(牝2・中西)
父 スズカマンボ
母 ケンブリッジスター(母父ブライアンズタイム)
馬主   西森 鶴氏
生産牧場 本桐牧場

西川敏弘騎手コメント
(最後までヴァリヤンツリのしっぽがクルクルと回っていましたね)あの馬の推進力ですから。あれで大分進みます(笑)。
(押していく展開でしたね)何とかならないかという思いで乗っていました。明日(フリビオン号でダービーグランプリ(水沢競馬場)に騎乗)に向けて良い勢い付けができました。
(明日に向けての抱負を)(同期の中西調教師を)なんとか男にしたいです。頑張ります。

レース結果は
http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2017%2f11%2f18&k_raceNo=5&k_babaCode=31
(NARホームページ)

日刊スポーツ杯 第13回黒潮マイルCSはワイルドコットンが重賞初制覇!

本日11月5日(日)第10回高知競馬第6日のメイン競走、日刊スポーツ杯「第13回黒潮マイルチャンピオンシップ」(3歳以上 1,600m)は、逃げた1番人気ウォーターサルーンを3コーナーで交わしたワイルドコットン(牡 6・松木啓)がそのまま押し切り、ウォーターサルーンに3馬身差をつけて重賞初制覇となりました。
鞍上の三村展久騎手も高知けいばで重賞初制覇となります。

優勝馬
ワイルドコットン号(牡 6・松木啓)
父 ワイルドラッシュ
母 ブライダルブーケ(母父 ゴールドアリュール)
生産牧場 下河辺牧場
馬主     中山純子氏

三村展久騎手コメント
「(レース展開について)最初は馬に負担をかけずに行きましたが、2コーナー辺りから自らハミを取って上がって行ってくれました。内も通れるコースが開いていたので、良い所を通れたと思います。(ワイルドコットンは)これからも良いレースをしてくれると思います。
 (高知での重賞初制覇について)福山競馬場(の廃止)からあちこち転々としたので、高知の方、特に松木先生や馬主(中山純子氏)の方にはお世話になっているので、こういった形で恩が返せて良かったです。」

レース結果は
http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2017%2f11%2f05&k_raceNo=7&k_babaCode=31
(NARホームページ)

JBC協会協賛高知佐賀スタリオンシリーズ 「アンライバルド賞」ワイルドコットンが差し切り勝ち!

本日、10月23日(月)第10回高知競馬第2日のメイン競走は、JBC協会協賛高知・佐賀スタリオンシリーズ「アンライバルド賞」(3歳以上 1,400m)でした。
レースは、逃げた1番人気のカッサイを3コーナーでかわしたコパデスコパが直線で先頭にたち、スパートをかけたカイロスが並びかけるも、外からきたワイルドコットンがゴール前でまとめて差し切り、見事アンライバルド賞を勝利しました。

優勝馬
ワイルドコットン号(牡 6・松木啓)
父 ワイルドラッシュ
母 ブライダルブーケ(母父 ゴールドアリュール)
生産牧場 下河辺牧場
馬主    中山純子 氏

三村展久騎手コメント
「ワイルドコットンが頑張ってくれました。ある程度、前が早くなると思っていたので、終いの良い足をめいいっぱい伸ばしてあげれるような競馬をしようと思っていました。初コンビですが、素直で、これといった癖もなく、乗りやすい馬です。」

レース結果は
http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2017%2f10%2f23&k_raceNo=11&k_babaCode=31
(NARホームページ)

第2回 西日本ダービー フリビオン差し切り勝ち!

第2回 西日本ダービー フリビオン差し切り勝ち!

本日、10月22日(日)佐賀競馬場で行われた「第2回西日本ダービー」競走で高知競馬所属フリビオン号(牡3・中西厩舎)が優勝しました!
中団で競馬をすすめた1番人気フリビオンは、直線で粘るムーンファースト(2着)以下をまとめて差し切り、9連勝で西日本ダービーを制しました。

西川敏弘騎手のコメント
(外側を回ったことについて)包まれるのが嫌だったので、馬の力を信じていきました。かかる馬ではないので、吉原騎手の後ろにつけてマークしていました。
(向こう正面で加速しませんでしたが)エンジンのかかりが遅いのは想定内でした。馬の力を信じていましたが、応えてくれました。
(佐賀での初勝利ですが)初めて勝ててよかったです。同期の中西君の馬で勝てて、涙をこらえています。

中西達也調教師のコメント
(8年前の九州ダービー栄城賞では馬場の内側を回らされましたが、(グランシング 2着)借りは返せましたか?)借りたつもりはないですが、借りたものは返さないといけないですね。
(次はダービーグランプリですか?)馬の状態をケアして目指していきたい。鞍上は同じく西川騎手にお願いしたい。

☆レース成績
http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2017%2f10%2f22&k_raceNo=12&k_babaCode=32
(NARホームページ)

「第21回黒潮菊花賞」モズオトコマエが4連勝で重賞初制覇!

 本日10月15日(日)第9回高知競馬第6日のメイン競走は、3歳秋のCS サンケイスポーツ杯 『第21回黒潮菊花賞』(3歳 1,900m)でした。
 レースは2冠馬フリビオンが西日本ダービー出走のため回避して混戦模様のなか、1番人気のモズオトコマエが、逃げたバーントシェンナを3、4番手で追走し、3コーナー手前で先頭に立つと、直線で追いすがるカレンラヴニールを突き放して、4馬身差を付けてゴールしました。
 勝ったモズオトコマエは4連勝、重賞初挑戦で見事な初制覇です。

優勝馬
モズオトコマエ号(牡3・宮路洋一) 芦毛
父   ネオユニヴァース
母   プラチナハート
    (母父 ヘクタープロテクター)
馬主  須田靖之
生産者 土田農場

赤岡修次騎手のコメント
「(モズオトコマエの印象は)下のクラスでしたが、道営で2連勝していて、勝ち方も強かった。少し気の悪いところも見せる馬なので、初めて1,900mがどう出るかと思っていたんですが、レース前半のハイペースも遊んでいる感じで余裕があり、最後も余裕があったので、強い馬ですね。」

レース結果(NARホームページ)
http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2017%2f10%2f15&k_raceNo=7&k_babaCode=31

グランディールレディスシリーズ ミラク特別 エルパンドールがシリーズ連勝!

グランディールレディスシリーズ ミラク特別 エルパンドールがシリーズ連勝!

本日10月8日(日)第9回高知競馬第3日のメイン競走・グランディールレディスシリーズ『ミラク特別』(3歳以上牝 1,400m)は、エルパンドール(牝 4 ・松木啓)が優勝しました。
 レースは、逃げたシングルカスクに対し、後方からレースを進めたエルパンドールが、3コーナー前あたりから加速し直線入口で先頭に立ち、そのまま押し切ってヴェガ特別に続きグランディールレディスシリーズ2勝目を飾りました。

優勝馬
エルパンドール号(牝4・松木啓)黒鹿毛
父   ネオユニヴァース
母   オータムブリーズ
    (母父 ティンバーカントリー)
馬主  松本 忠正氏
生産者 ハシモトフアーム

三村展久騎手コメント
「後ろでロスしないように注意しました。3コーナーあたりで前との距離感とエルパンドールの手ごたえの感じから、やれる(勝てる)と思いました。エルパンドールは、前回牝馬のレースを勝っていますが、牡馬相手にも活躍してくれると思うので応援してください。」

レース結果は
http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2017%2f10%2f08&k_raceNo=11&k_babaCode=31
(NARホームページ)

日本トーター株式会社賞 JBCクラシック指定競走 「第29回珊瑚冠賞」フリビオン号が8連勝で重賞5勝目!中西達也厩舎初出走で重賞制覇!

本日9月18日(月)第8回高知競馬第4日のメイン競走は日本トーター株式会社賞 JBCクラシック指定競走『第29回珊瑚冠賞』(3歳以上1,900m)でした。
レースは逃げたカイロスを3コーナーで交わした1番人気カッサイに対して、中段でレースを進めた2番人気フリビオンが直線で抜き去り3馬身差をつけて、8連勝を飾りました。29回を数える珊瑚冠競走で3歳馬が優勝するのは初めてです。
フリビオンは、中西達也騎手で制した高知優駿に続いて重賞5勝目、8月に調教師免許を取得した中西達也調教師は、初出走(厩舎開業に伴い転厩)で嬉しい重賞初制覇となりました。

優勝馬
フリビオン号(牡3・中西達也) 栗毛
父   フリオーソ
母    ビオンディーナ
(母の父エンドスウィープ)
馬主  西森 鶴氏
生産者 オリエント牧場

中西達也調教師コメント
倉兼騎手はかなりのプレッシャーがあったと思います。それに負けずに馬の力を引き出してくれました。見ている私が感動しました。生涯忘れることのないレースを見せてくれました。
(次の目標については)馬のローテーション上、黒潮菊花賞ではなく、西日本ダービーを狙っていきたい。

倉兼育康騎手コメント
中西調教師に乗ってくれないかと言われた時に、今の自分には荷が重いのでやめてほしいと言いました。自分がどういうレースができるか必死でしたけど、思っていた以上に馬が強くてよかったです。3・4コーナーの入り口はエンジンのかかりが少し遅いと思ったので、ちょっと早めに動いて、直線にはいったら足を使うと中西調教師や(前騎乗の)西川騎手から聞いていたので、4コーナー手前でいけるっていう手ごたえでした。
(フリビオン号について)まだ、3歳馬ですけど、堂々としたレースができ、これから成長していくと思うので非常に楽しい馬だと思います。

レース結果は
http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2017%2f09%2f18&k_raceNo=7&k_babaCode=31
(NARホームページ)

農林水産大臣賞典 「第40回建依別賞」カッサイ号が重賞2勝目!

本日8月27日(日)第7回高知競馬第4日のメイン競走は農林水産大臣賞典『第40回建依別賞』(3歳以上1,400m)でした。
レースは、永森大智騎手騎乗の1番人気のカッサイ号が、ゴールまでそのまま逃げ切り、2着に2馬身差をつけて優勝しました。

優勝馬
馬名   カッサイ (牡 6・雑賀 正光)鹿毛
父 スクリーンヒーロー
母 ロッタ
(母父 ティンバーカントリー)
馬主 小菅 誠
生産牧場 静内白井牧場

永森 大智騎手コメント
「最近スタートも安定して出てくれてますし、今日は、前残りの馬場だったので、なるべく自分のペースで行こうと思いました。(1コーナーの馬群のペースが緩んだことについては、)思ったよりもペースが上がらなかったので、すごく楽な競馬ができたと思います。まだまだ頑張ってくれると思います。」

レース結果は
http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2017%2f08%2f27&k_raceNo=7&k_babaCode=31
(NARホームページ)

ページ移動