Google

記事一覧

グランディールレディスシリーズ「スピカ特別」出走馬枠順決定!

 グランディールレディスシリーズ「スピカ特別」の出走馬枠順が次のとおり決定しました!

グランディールレディスシリーズ スピカ特別
2020年4月25日(土) 高 知 第5競走 ダート 1400m(右) 17:10発走

馬名性齢負担重量騎手調教師
11ヤマニンシャンデル牝8☆ 53.0塚本雄大目迫大輔
22ロイヤルジュビリー牝554.0岡村卓弥宮川浩一
33スプリングガール牝756.0林 謙佑田中 守
44ジュンハーツ牝6☆ 55.0多田羅誠也宗石 大
55ハヴアナイスディ牝6★ 51.0濱 尚美雑賀正光
56ムーランブラン牝454.0赤岡修次田中 守
67ハルノフェスタ牝755.0佐原秀泰宮路洋一
68ヴィルダイヤ牝554.0永森大智那俄性哲也
79ルナマティーノ牝754.0大澤誠志郎別府真司
710ポステリタス牝555.0西川敏弘大関吉明
811サルダーナ牝654.0宮川 実打越勇児
812ブルーリップグロス牝454.0倉兼育康宮路洋一

株式会社高知広告センター協賛 「第36回二十四万石賞」ウォーターマーズ激戦を制す!

株式会社高知広告センター協賛 「第36回二十四万石賞」ウォーターマーズ激戦を制す!

本日、4月19日(日)第1回高知競馬第4日のメイン競走は、株式会社高知広告センター協賛「第36回二十四万石賞」(4歳以上 1,900m)でした。
レースは、郷間勇太騎手騎乗のアースグロウが逃げ、好位の内に西川敏弘騎手騎乗のウォーターマーズ、中団に赤岡修次騎手騎乗のキャプテンオリオンがつけました。
向こう正面で、西川騎手が促しウォーターマーズが内から徐々にポジションを上げ先頭のアースグロウとの差を詰め、それに合わせキャプテンオリオンも進出。最後の直線では、内のキャプテンオリオン、外に出したウォーターマーズとの激しい競り合いとなりましたが、直線半ば過ぎでウォーターマーズが突き放し激戦を制しました!

優勝馬
ウォーターマーズ号(セン6 ・芦毛)大関 吉明
父  シンボリクリスエス
母  ウォーターポラリス(母の父 El Prado)
馬主 山岡 良一
生産者 本巣牧場

西川敏弘騎手コメント
「短い距離だと忙しいですが、距離が長いレースの流れが合うのかなと思いますね。(新型コロナウイルスの影響で)皆さんも辛い時期だと思いますが、我慢したら将来絶対良いことがあると思いますので、より良い未来に向かって何とか頑張っていってもらいたいですね。これからもみんなの声援に応えれるように頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。」

☆レース結果
https://www.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2020%2f04%2f19&k_raceNo=7&k_babaCode=31

永森大智騎手 地方競馬通算10,000回騎乗達成!

永森大智騎手 地方競馬通算10,000回騎乗達成!

 令和2年4月19日、令和2年度第1回高知競馬第4日第2競走(リワードアルフィン号騎乗)において、永森大智騎手が地方競馬通算10,000回騎乗を達成しました。
永森大智騎手は、2004年に高知競馬場でデビュー。2015年から昨年まで5年連続で高知競馬場リーディングの高知けいばを代表する騎手の一人です。地方競馬通算成績は、1,954勝となっています。(令和2年4月18日現在)
10,000回騎乗達成の表彰式を後日行います。日程はあらためてお知らせします。

ファイル 9596-1.jpg

☆永森大智騎手プロフィール☆
2004年10月10日 初騎乗(ミラクルオンアイス号騎乗)
2004年11月28日 初勝利(ケイエスアーリー号騎乗)
2012年10月 7日 地方競馬通算500勝達成(プリーズミー号騎乗)
2015年6月28日 地方競馬通算1000勝達成(オトコノヒマツリ号騎乗)
2017年11月11日 地方競馬通算1,500勝達成(エイシンキロオル号騎乗)

☆騎手情報
https://www.keiba.go.jp/KeibaWeb/DataRoom/RiderMark?k_riderLicenseNo=31136

4月19日の出走取消

令和2年度 第1回 第4日

第4競走 2番 ノーブルサイレンス(上唇せつ)

は、疾病のため出走取消となりました。

出走制限 その他

令和2年度 第1回 第3日 第5競走 3番
ベネディクション号は、鼻出血(両側少量)したため、令和2年5月8日までの20日間出走制限

出走制限 その他

令和2年度 第1回 第3日 第4競走 2番
ヴェストリス号は、鼻出血(2回目、両側中量)したため、令和2年5月18日までの30日間出走制限。

高知けいば騎手会による新型コロナウイルス対策支援基金設立について

高知けいば騎手会による新型コロナウイルス対策支援基金設立について

 本日、高知けいば騎手会は、新型コロナウイルスの感染予防及び拡大防止の支援のため、4月11日(土)[第1回高知競馬第1日]の開催から当面の間、各騎手が高知競馬場での騎乗ごとに騎乗料の一部を基金として積み立てることを決定いたしましたのでお知らせします。
 支援先については、今後高知けいば騎手会で検討いたします。

倉兼育康騎手会長
 「新型コロナウイルスの蔓延により、無観客競馬が続いておりますが、競馬が開催できていることに、高知けいば所属騎手一同深く感謝しております。新型コロナウイルス感染症により、影響を受けている方々を支援するため、4月11日の開催から騎乗ごとにレース騎乗料の一部を基金として積み立てることにしました。支援先については、今後高知けいば騎手会で検討します。新型コロナウイルスの一刻も早い終息と、またファンの皆様が高知競馬場はじめ全国の競馬場に来場されることを心から願っております。」